すべてのシートでセルA1を一括で選択させる方法 – コピペでVBA(Excel)

こちらの記事はエクセルVBAをあまり知らない方でも利用できる「コピペでVBA(Excel)」としてもご活用できます。詳しくは以下の記事をご確認ください。

「コピペでVBA(Excel)」の概要と使い方
「コピペでVBA(Excel)」の概要と使い方
「コピペでVBA(Excel)」とは? エクセルVBAの知識がない人でもコードをコピペするだけで便利な処理が使えることを目指しています。汎用性のありそうなコードを順次公開
2018-02-12 14:00
はてブ

このマクロの解説

このコードを実行すると、アクティブなブックの全てのシートを一つずつセルA1を選択し、最後にもともとアクティブだったシートを選択して終了します。

このマクロのコード

Private Sub 全シートA1選択()
    Dim s As Worksheet
    Dim DefaultSheet As Worksheet
    Set DefaultSheet = ActiveSheet
    For Each s In ActiveWorkbook.Sheets
        s.Activate
        s.Range("A1").Select
    Next s
    DefaultSheet.Activate
End Sub

※コードをコピーする時は、右上のアイコンをクリックしてください

このマクロを使う理由

エクセルは選択したセルの位置を保存時に記憶する仕様になっています。作業を再開する際にはとても便利ですね。一方でエクセルを他人に配布する時には開いた人が見づらいと感じてしまいます。上司やお客さまに完成したファイルであるという印象を持ってもらうためにも、ぜひ保存時は全てのシートでA1を選択しておきましょう。

プラスワン:処理完了時に左端のシートをアクティブにする方法

上記のコードは、マクロ終了直前にもともとアクティブだったシートをアクティブにするようになっています。提出用などに使用する場合は、一番左のシートがアクティブであったほうが見栄えが良いので、どのシートを開いていても一番左のシートをアクティブにしたい場合は下記ように記述してください。

Private Sub 全シートA1選択()
    Dim s As Worksheet
    For Each s In ActiveWorkbook.Sheets
        s.Activate
        s.Range("A1").Select
    Next s
    Sheets(1).Select
End Sub

※コードをコピーする時は、右上のアイコンをクリックしてください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする