固定ページの日付を非表示にする – Simplicity2[WordPress]

固定ページに投稿日や更新日は不要なことが多い

CSSを少し追加するだけで対応可能です。

方法は、特定の固定ページに対してか、全ての固定ページに対してか、で違います。

それぞれ見てみましょう。


なお、CSSの編集は以下の場所から行うと簡単です。

外観>テーマの編集>スタイルシート (style.css)

すべての固定ページの日付(投稿日・更新日)を非表示にする

特段注意事項はありません。そのまま貼り付ければokです。

.page .post-meta {
	display: none;
}

※コードをコピーする時は、右上のアイコンをクリックしてください

特定の固定ページの日付(投稿日・更新日)を非表示にする

コメントにも記載してますが、固定ページのIDを調べる必要があります。

固定ページ一覧を開き、固定ページ名の上にカーソルを置くと左下にリンクが表示されます。

そのリンクにあるpost-●●の部分を確認してください。

/*---------------------------------------------
特定の固定ページの日付を非表示
post-●●はID(固定ページ一覧のリンクを確認)
複数ページの場合はカンマ区切り
ex) #post-01 .post-meta,#post-02 .post-meta
---------------------------------------------*/
#post-●● .post-meta { 
	display: none; 
}

※コードをコピーする時は、右上のアイコンをクリックしてください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする